“刈:が” の例文
“刈:が”を含む作品の著者(上位)作品数
宮沢賢治2
下村湖人1
“刈:が”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そこの先生は私のまだあわない方で実にしゃれたなりをして頭の銀毛などもごく高尚こうしょうなドイツりに白のモオニングを着て教壇きょうだんに立っていました。
茨海小学校 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
異教席からせた顔色の悪いドイツりの男が立ちました。
ビジテリアン大祭 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
二人は、その時めいめいに、背のひくい、かたはばの広い、ほおひげをったあとの真青まっさおな、五分りの、そして度の強い近眼鏡をかけた丸顔の男が、のっそりと玄関にはいって来たときの光景を思いうかべていた。
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
先生は農学博士で、日本の村落史研究の権威けんいであり、友愛塾では、毎回その研究を背景にして、新しい農村協同社会の理想を説くのだったが、色の黒い、五分無髯むぜんの、ごつごつしたその風貌ふうぼうは、学者というよりは
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)