“和布刈”の読み方と例文
読み方割合
めかり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は今も憶えているが、明治の末ごろ、友だちと九州へ行った時、門司で有名な和布刈神社か早鞆神社か、とにかく式内社に行った。
故郷七十年 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
和布刈神社に至る。門司甲宗八幡宮にて披講。「船見えて霧も瀬戸越す嵐かな 宗祇」の句を刻みたる碑あり。
六百句 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
門司市外の和布刈神社から、速鞆ノ瀬戸や壇ノ浦附近を、日の暮れないうちに見ようというわけである。
随筆 新平家 (新字新仮名) / 吉川英治(著)