“分取”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぶんど100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
美人連を分取ぶんどろうとの興味から、ありの甘きに附くが如く
「よし、そんなら、話をする。玉井、すぐに、永田の若い全部を引きつれて、この場から退散せえ。このパナマ丸の荷役は、ちゃあんと、こっちでやる約束が出来ちょる。それを分取ぶんどりしようなんて、横着にも程がある。さっさと、引っこめ」
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)