“凾館”の読み方と例文
読み方割合
はこだて100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また時には五日七日くらいの碇泊期間を親子三人凾館に泊ったり、半月もの滞在となれば部屋を借りたりなどして暮しました。
おるすばん (新字新仮名) / 壺井栄(著)
初めて杖を留めた凾館は、北海の咽喉といわれて、内地の人は函館を見ただけですでに北海道そのものを見てしまったように考えているが、内地に近いだけそれだけほとんど内地的である。
初めて見たる小樽 (新字新仮名) / 石川啄木(著)
櫻木海軍大佐とは面識間柄で、數年がまだ今回漫遊らぬ以前、ある北海道旅行てた横濱から凾館滊船で、らずも大佐對面したがある。