“其為”の読み方と例文
旧字:其爲
読み方割合
そのため100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
遠慮をしねえでびるほどやんなせえ、生命くなりや、らあ、其為がついてるんだぜ、さん。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
今日はわざ/\其為たのだから、でも応でもに逢はなければならない。相変らず、玄関の方から廻つて座敷へると、らしくの誠吾が胡坐をかいて、を呑んでゐた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
七人のしかつめらしい男が(私もその中の一人だった)態々其為にしつらえた「赤い部屋」の、緋色天鵞絨で張った深い肘掛椅子にれ込んで、今晩の話手が何事か怪異な物語を話し出すのを
赤い部屋 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)