“優柔不断”の読み方と例文
読み方割合
ゆうじゅうふだん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
またとなき僥倖を天が授けているといえる理由は——この荊州の国主劉表優柔不断で、すでに老病の人たる上に、その子劉琦劉琮も、凡庸頼むに足りないものばかりです。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
十八ヵ国の諸侯を糾合した曹操自身からまっ先に、袁紹の優柔不断に腹を立てて、(おれは俺でやろう)と決意したものの如く、大勢には勝利を占めながら、残り少なきわずかな手勢と
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)