“不断遣”の読み方と例文
読み方割合
ふだんづか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それも何時何処においても、たやすく求め得る品々である。「手廻りのもの」とか「不断遣い」とか、「勝手道具」とか呼ばれるものを指すのである。
民芸四十年 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
答 「」とは「並」の意、「手」とは「」の意。謂わば「並のもの」「普通のもの」、吾々が「不断遣い」と呼ぶ日々必要な実用品を指すのである。
工芸の道 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
何も皆よいというわけにゆきませんが、品位の高い品が今も作られます。有職ものから各派の舞扇祝扇から不断遣い、男もの、女もの、いずれにも典雅なものが用意されます。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)