“不断著”の読み方と例文
読み方割合
ふだんぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
或時紺飛白筒袖の著物の縫いかけが、お嫂様のお部屋にあったのを見かけました。於菟さんの不断著を縫って見ようとなすったのです。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
陸が人と成ってからは、渋江の家では重ねものから不断著までど外へ出して裁縫させたことがない。五百は常に、「為立は陸に限る、為立屋の為事は悪い」
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
……………仲町を左へ曲って雪見橋へ出ると出あいがしらに、三十四、五の、丸髷に結うた、栗に目口鼻つけたような顔の、手頃の熊手を持った、不断著のままに下駄はいた、どこかのさんが来た。
熊手と提灯 (新字新仮名) / 正岡子規(著)