“億土”の読み方と例文
読み方割合
おくど100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「その劉高は、とうにあの世の亡者です。連れて来るには十万億土まで呼びに行かなければなりません」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「こうしてづれがあれば、十億土も、さびしいことはない。」と、金持ちの霊魂がいえば
町の真理 (新字新仮名) / 小川未明(著)
何方つても造作りません、きですよ。岩「それでも極楽は十億土だとふぢやアないか。重「其処停車場りますから、汽車に乗れば、すうツときにかれますよ。 ...
明治の地獄 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)