“依代”の読み方と例文
読み方割合
ヨリシロ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
標山系統のだし・だんじり又はだいがくの類には、必中央に経棒があつて、其末梢には更に何かの依代を附けるのが本体かと思ふ。
髯籠の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
賀茂或は松尾の阿礼ばかりが名高くなつたおとつ世の歴史家は、此を山祇系統の神の依代と見るかも知れぬ。併しこゝにまだ一つ、宮中の阿礼がある。
幣束から旗さし物へ (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
神の標山には、必神の寄るべき喬木があつて、其喬木には更にある依代の附いてゐるのが必須の条件で、梢に御幣を垂れ、梵天幣或は旗を立てたものである。
盆踊りと祭屋台と (新字旧仮名) / 折口信夫(著)