“仕始”の読み方と例文
読み方割合
しはじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
粗剛みかられて爽快呼吸仕始めたことをぶやうにずん/\と伸長して、にはつても/\、猶且ずん/\と骨立つてづくられる旺盛活力恢復するのである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)