“仏見笑”の読み方と例文
読み方割合
ぶっけんしょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宗近君はずんど洋袴を二本ぬっと立てた。仏見笑二人静蜆子和尚きた布袋の置物を残して廊下つづきを中二階へ上る。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
多少苦々しい気色に、煙管でとんと膝頭いたさんは、視線さえ椽側の方へ移した。最前植ええた仏見笑を春と夏のに今ぞと誇っている。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「それは仏見笑と云ってね。やっぱり薔薇の一種だ」
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)