“人怨”の読み方と例文
読み方割合
ひとうら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
年紀し……許嫁か、か、へてでも、入院してて、療治かなかつたから、無理とはつても、世間には愚癡からる、人怨み。
艶書 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)