“乍去”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さりながら100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“乍去”を含む作品のジャンル比率
産業 > 畜産業 > 畜産史 事情100.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
乍去さりながらしいて注意して運動を怠らず、更に喰料にも成丈やわらかきものを選み、且つ量に於ても三分一を※ずるとして、夕飯は必ず後四時として粥を用い、菜は淡泊なるものを用うるとせり。
関牧塲創業記事 (新字新仮名) / 関寛(著)