“乍併”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しかしながら100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“乍併”を含む作品のジャンル比率
産業 > 農業 > 農業経済10.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
乍併しかしながら、此の家庭問題を、色々と討究して、八釜しくいうて居る現象は、決して悪い事でない、むしろ悦ぶべき状態に相違ないのであろう。
家庭小言 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
乍併しかしながら余が「文明」を愛讀するは一に永井先生の文章あるが爲にして、忌憚なく云へば他の諸氏の文章の多くは余の最も好まざるところのものなり。