“三寸”の読み方と例文
読み方割合
さんずん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
したがって余の意識の内容はただ一色塗抹されて、臍上方三寸を日夜にうねうね行きつ戻りつするのみであった。
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
きなものになりますと、さが三寸にもするものもありますが、普通一寸から一寸五分前後のものであります。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
不思議つて近寄つて、そっとつてると、そのつた三寸ばかりのしいがゐました。
竹取物語 (旧字旧仮名) / 和田万吉(著)