“ナノ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:なの
語句割合
50.0%
名乗25.0%
名告25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大山祇おおやまつみ神の女等、磐長いわなが姫とナノり、オトは、木華開耶このはなさくや姫とナノる。
水の女 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
天孫又問ひて曰はく、「其秀起カノホダたる浪の穂の上に、八尋殿てゝ、手玉タダマもゆらにハタ少女ヲトメは、是誰が女子ムスメぞ。」答へて曰はく、「大山祇神の女等、は磐長姫とナノり、オトは、木華開耶姫とナノる。」……(日本紀一書)
水の女 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
——木下、名乗ナノカケ名乗リカケ、勝助ガ首ヲ取ツテ、筑前守ヘ見参ニ入ル。比類ナキ働キ哉ト、諸陣申合ヘリ。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
託宣の一分流として「名告ナノり」が出た。
万葉集の解題 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)