“わきざし”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
脇差91.2%
脇指7.7%
小刀1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
古風にたり袋棚の戸二三寸明し中より脇差の見ゆれば吉兵衞は立寄て見れば鮫鞘の大脇差なり手に取上を拂て見るに只今人を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
昔の武士でも川狩に行く時は大概大小をたばさむやうの事はなく脇指一本位で行つたらうと思ふが、脇指でも刀といふであらうか。その上
病牀六尺 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
話し是は親方の小刀なり先年方知ずとなりし三人の練馬藤兵衞へと私が手からした代物故行先を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)