“やん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヤン
語句割合
28.6%
28.6%
14.3%
14.3%
14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わりと妻に言ってやらなければならないが、あの冷たい権高い妻にどういう風に言ったらとっくりと飲み込めるように話せるものだろうかと、それをまことに
陰獣トリステサ (新字新仮名) / 橘外男(著)
と逃出すがごとく帰りしなに、お客は誰?……とそっと玄関の書生に当って見ると、坂田礼之進、ぬる
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「ほだって、北海道の土になってしまうのだな。いつりたくなるが判んねえし、今ここをってしめえば、はこれ、自分の家というものは、無くなってしまうのだかんな、これ。」
土竜 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
雪中登山の可能性にまで筆を駆ろうとした私も、想像の翼をめてぬると諦めなければなるまい。
山の今昔 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
、たしかにそう見える。が、実はが殺したのだ。「ええ、おなすったか。 ...
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)