“やたら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
矢鱈94.0%
5.0%
1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それでわば矢鱈に読んで見た方であるが、それとて矢張り一定の時期が来なければ、幾ら何と思っても解らぬものは解る道理がない。
私の経過した学生時代 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
さあ、源はらずにおられません。こうなると気をってに鞭を加えたくなる。馬は怒の為に狂うばかりになって、出足がて固くなりました。に「樺、樺」と呼ぶ声が起る。
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
何でもに其処に居る人達に辞儀をしたようだったが、其中如何いう訳だったか、伯父のへ行く事になって、へ行くと、伯父が「阿父さんも到頭此様になられた」
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)