“なんそう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
何艘40.0%
南宋13.3%
南宗13.3%
南巣6.7%
南窓6.7%
楠窓6.7%
軟相6.7%
難遭6.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
河野さんの話によると、日露戦争の当時、この附近に沈んだ船は何艘なんそうあるか分らない。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
海は白じろとかがやいた帆かけ船を何艘なんそうも浮かべている。
少年 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
それは、書の精神にも、あるいはまた南宋なんそう画の精神とも共通する処のものである。
油絵新技法 (新字新仮名) / 小出楢重(著)
友松と会ってからの彼は、いよいよ明るいおももちに返って、南宋なんそう北宋ほくそうの画風を問い、東山殿ひがしやまどのの好みと土佐の絵所の比較を論じ、また近世の山楽などの狩野調かのうちょうから和蘭陀絵オランダえの影響などにいたるまで、その方面にも日頃から浅からぬ修養のあるところを洩らして、ひいてはなお、
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
蕪村は自ら画を造りしこと多く、南宗なんそうの画家として大雅たいがと並称せらる。
俳人蕪村 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
私は喜多川歌麿きたがわうたまろの描いた『絵本虫撰むしえらび』を愛してまざる理由は、この浮世絵師が南宗なんそうの画家も四条派しじょうはの画家も決して描いた事のない極めて卑俗な草花そうかと昆虫とを写生しているがためである。
ご存じでしょうが、支那の天子は、万世一系ではなく、堯舜ぎょうしゅん禅譲ぜんじょうにはじまり、は四百年十七代、桀王けつおうに及んで成湯せいとうのため南巣なんそうの野に放逐ほうちくされ
惜別 (新字新仮名) / 太宰治(著)
そう云えばたしか講釈師に南窓なんそうと云うのがあったなどと思った。
子供の病気:一游亭に (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
二月十六日 楠窓なんそう東道の下に、章子を伴ひ渡仏の途に上る。午後三時横浜解纜かいらん箱根丸にて。
五百五十句 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)
そして青幇の中には軟相なんそう硬相こうそうとの二大別があって、軟相は更に架相かそう吃相きっそうとに分れて居る。
私は遠くさかのぼりて道具の人類進化史上における地位をかんがえ、転じて近代における機械の偉大なる効果を思うごとに、今の時代をもって真に未曾有みぞう難遭なんそうの時代なりとなすを禁じ得ず。
貧乏物語 (新字新仮名) / 河上肇(著)