“つううんまる”の漢字の書き方と例文
語句割合
通運丸100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
くすんでえることのおほ江戸川えどがはみづ往復わうふくする通運丸つううんまるうしえるやうな汽笛きてきみて
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
と云って居るうちにシャ/\/\/\と汽船きせんたちまちに走って参りました。其の頃には通運丸つううんまる永島丸ながしままるとありまして、永島の方は競争して大勉強でございます。
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)