“たんす”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
箪笥99.7%
簟笥0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
偉大な人々の家宅探索をし、その戸棚を検査し、引き出しの底を探り、箪笥をぶちまけた後、批評界はその寝所をまでのぞき込んだ。
それからその荷物を運んでろうと云うので、夜具包か何の包か、風呂敷包をいだり箪笥を担いだり中々働いて、段々で行くと
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
うてんだ。舊暦つて婚姻はれる季節た。建具師店先ゑられた簟笥長持から疎末金具るのをるやうにつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)