“ぞん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ゾン
語句割合
88.4%
11.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
カラバ侯爵というのは、猫吉がいいかげんに、じぶんの主人につけたなまえですが、王様はそんなことはごじないものですから
それに、洋画家梶原さんが、ぎ、びて、でも、でも、名勝実写をなすつたのも、御双方御会心じます。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
伝十郎も口惜しがったが、取り分けて甚七は残念がった。彼は宵の恥辱をすすごうとして、火縄をむやみに振って駈けまわったが、結局くたびれに終った。
馬妖記 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「そう?」妻は自分の夫もだまされているのだと思ってきまりが悪くなったが、すぐ気を変えて、冷かし半分に、「可哀そうに、貰ったと思ったら、おおをした、わ、ね」
耽溺 (新字新仮名) / 岩野泡鳴(著)