“しよかつこうめい”の漢字の書き方と例文
語句割合
諸葛孔明100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「もうそつちへくわ、だからい。」「心得た。」のさかれるを、二階から突切るのは河川彎曲直角に、するがし、諸葛孔明らないか
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
首尾よく欺むき文藏方にて金千百八十兩み取しかば仁左衞門は三吉小猿に向ひ斯樣に仕合よく智嚢古の諸葛孔明我朝の楠正成も及ぶまじとは云ふものゝ是まで夜盜追剥人殺し等の數擧て算へ難し此上盜賊を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)