“しゅのう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
主脳50.0%
朱能50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
調べ室は金モールのまぶしい主脳しゅのう警官と、人相のよくない刑事連中の間に、京ぼんをはさんで場面はいとも緊張している。
電気看板の神経 (新字新仮名) / 海野十三(著)
加うるに道衍どうえんありて、機密に参し、張玉ちょうぎょく朱能しゅのう丘福きゅうふくありて爪牙そうがる。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
朱能しゅのう周長しゅうちょう等、王の急を見、韃靼だったん騎兵をはなって庸の軍の東北角を撃つ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)