“しゃか”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シャカ
語句割合
釈迦93.2%
沙河3.4%
瀉下1.7%
社火0.8%
釋迦0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ああ、いい事があらあ」釈迦の十蔵と云うだ二十二三の男が叫んだ。彼は忠次のを貰ってから未だ二年にもなっていなかった。
入れ札 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
そのうちに、十月ももう半ばになって、沙河会戦の新しい公報が発表された。町の人たちの注意は皆その方に集められて、狐の噂などは自然に消えてしまった。
火薬庫 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
放臭風の三字を以て瀉下したことを写しているが、写し得ていない。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
社火行列(祝いの仮装行列)だの、鰲山燈籠で飾った花車)の鼓楽だの、いやもう、形容のしようもない。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
宝がないから仏の力をて金を貸してくれろと云った所が、釋迦がそれは誠に心懸い事じゃと云って貸したのがちこのお経じゃ、又御札をやるから方々って置いて