“けっと”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ケット
語句割合
毛布92.1%
屹度2.6%
血塗2.6%
蹴飛2.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
向こうには縁台に赤い毛布けっとを敷いたのがいくつとなく並んで、赤いたすきであやどった若い女のメリンスの帯が見える。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
今や上野に着せんとする汽車の二等室内には大原家の一行五人が毛布けっとたたかばんを締め、網棚の物をおろ
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
清「はい屹度けっと寄って御厄介に成りみすよ、左様さよなれば」
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
藤屋のとゝま死骸しげえが出たと思いなさませ、さアこれはうさんな寺である、賭博どころではない、床下よかしたから死骸しげえが出る所を見ると、屹度けっと調べをなければ成らぬと
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
九相きゅうそうは死人の変化道程を説いたもので、膨張相ぼうちょうそう青瘀せいお相、相、血塗けっと相、膿瀾のうらん相、虫噉ちゅうかん相、散相、骨相、土相をいうので、何も如何に喪を緩うしたとて、九相を観ずるまで長く葬らずに居たのでは無い、大納言の「口を吸ひたりけるに」の方が遥かに好い文である。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
可愛らしいハイヒールで蹴飛けっとばす真似まねなんかするのでした。