“青天白日”の読み方と例文
読み方割合
せいてんはくじつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼はそこから抜け出して、一旦の命を生きのびて、しばらく潜伏しているうちに、測らずも大赦に逢って青天白日の身となった。
出してみませう。もしあの人の返事があなたの話と一致すれば、あなたは青天白日です。私にはね、ジエィン、あなたはもう青天白日ですよ。
へかけた手を手帳に控えて、麦畠真正面。話をわきへずらそうと、青天白日に身構えつつ
春昼後刻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)