“電蓄”の読み方と例文
読み方割合
でんちく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
は、想像したほどきくなかったが、各種蓄音機や、新型電蓄がならべてあり、レコードは、終日回転していました。
しいたげられた天才 (新字新仮名) / 小川未明(著)
くらの机の下に電蓄がかくしてある。それにゆりかさんのバイオリンのレコードがかけてあって、ボタンをおすと、まわるようになっているんだ。
宇宙怪人 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
博雄を見ていると、職工的素質においてかに父を越えている。職工的素質とは言葉通り個々の雑技術である。を打ったり、箱を作ったり、ラジオを組んだり、電蓄を動かしたりする技術である。
親は眺めて考えている (新字新仮名) / 金森徳次郎(著)