“防寒具”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ばうかんぐ50.0%
ぼうかんぐ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
斗滿川半町餘り。朝夕灌水くに、如何なる嚴寒大雪も、浴衣ひ、草履穿つのみにて、何等防寒具ゐず。
命の鍛錬 (旧字旧仮名) / 関寛(著)
「じゃ大胆に『危難』の南にえるコンドルセに着陸しよう。皆、防寒具に酸素吸入器を背負うことを忘れないように。……では着陸用意!」
月世界探険記 (新字新仮名) / 海野十三(著)