“贈品”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おくりもの50.0%
ぞうひん50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“贈品”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「フ、フ、フ、八五郎どんとやら、嘉門満足大満足でござんす……フ、フ、フ、大満足! こりゃア全く、とても素晴らしい、何より結構な贈品おくりもの、嘉門大喜びで受けますでござんす。……」
剣侠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
會毎くわいごと三人さんにん相談さうだんしてかならつき一度いちど贈品ぞうひん大島小學校おほしませうがくかうおく
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)