“被遣”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
つかはされ66.7%
つかわせられ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“被遣”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「盆前とて所謂いはゆる書出してふ物被遣つかはされ、帖面なしのかけ取など御使にわたし申候。此中ののこりをさへに御受取可被下候。」
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
若君を人質として筑摩一閑斎殿いつかんさいどののおんやかた牡鹿山をじかやま被遣つかはされ候、瑞雲院様おん物語に、それがし幼少より父武蔵守の膝下しつかを離れ
然共しかれども今回小次郎ト私トハ敵対ノ者ニテ御座候、然ルニ小次郎ハ忠興様御船ニテ被遣つかわせられ私ハ其許様御船ニテ被遣ト御座候処、御主人ヘ被対むかわせられ如何ト奉存候
巌流島 (新字新仮名) / 直木三十五(著)