“蝶:かれい” の例文
“蝶:かれい”を含む作品の著者(上位)作品数
泉鏡花1
“蝶:かれい”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
魚市の鯛、かれい烏賊いかたこを眼下に見て、薄暗いしずくに――人の影を泳がせた処は、喜見城きけんじょう出現と云ったおもむきもありますが。
菊あわせ (新字新仮名) / 泉鏡花(著)