“蒟蒻問答”の読み方と例文
読み方割合
こんにやくもんだふ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、元より「雪の十七番」の因縁なぞは心得てゐる筈がなかつた。だからこの蒟蒻問答雲水めいた相手の顔を眺めながら、「わからないよ」と簡単な返事をした。
東京小品 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)