“罅割”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひびわ50.0%
ひゞわ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ほんの些細刺戟も彼女の容態に響くのだが、そうしていま彼女のいる地上はあまりにも無惨に罅割れているのだったが、それらをと耐え忍んでゆくことが彼女の日課であった。
苦しく美しき夏 (新字新仮名) / 原民喜(著)
はさういふことでらもらないのに時間つて、寒冷空氣陸稻特色して切口からちに罅割れになつて乾燥した。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)