“罅痕”の読み方と例文
読み方割合
ひびたけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「あの子についちゃ実にかわいそうな話があるんでね。私はお隅さんを見ると、罅痕の入った茶椀を思出さずにいられやせんのさ。まあ聞いてくれ給え」
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
私があの子を見ると、罅痕の入った茶椀を思出すと言ったは、こういう訳でさ。君もその番人の顔が見たいと思うでしょう。なんなら大屋の停車場へに寄って見給え。
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)