“紺股引”の読み方と例文
読み方割合
こんももひき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そしてやっぱり「由」の人力車を呼びにやるのであった。はきはきした「由」はじっきに、きりきりとした紺股引と紺足袋穿いてやって来るのであった。
かやの生立 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
それは紺股引にわらじをはいた爺さんである。わらじがけであってみれば吉原帰りでないことは知れている。お綱の目をそそったのは、蛇が蛙を呑んだように胴ぶくれのしている内ぶところ。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
紺股引、下ろし立てのはだし足袋、切り立ての手拭をの下でチョッキリ結びの若い衆が、をせびった小使の三円五円腹掛に捻込んで、四尺もある手製の杉のいで、んで府中に出かける。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)