“紫外線”の読み方と例文
読み方割合
しがいせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところで光線と名付けられるものは、この紫から赤までだけではない。紫よりももっと波長の短い波があって、これを紫外線とよんでいる。
赤外線男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
あわせて日光浴ができ、紫外線れ、したがってらずらずの間に健康が増進せられる。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
「なるほど。でもほんとうの太陽でないと、からだに必要な紫外線なんかが含まれていないから、よくありませんね」
ふしぎ国探検 (新字新仮名) / 海野十三(著)