“等迄”の読み方と例文
読み方割合
とうまで100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
語らひ品川宿近江屋儀右衞門の地面芝高輪八山を買取て普請にぞ取掛りける表門玄關使者の間大書院書院居間其外諸役所長屋等迄る所なく入用をはず晝夜
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
召出され一應糺されけるに十二月廿七日夜御組の中田甚太夫殿と申す御仁御出張にて文藏夫婦御召捕相成御代官へ引渡し候樣せ渡され米穀金銀諸道具等迄らず封印の上御引取相成候間其通り御代官所へ召連へ出候處一御存じなきとの事にてより御勘定奉行へ御引渡しなり當御役所へ相廻候と申立るを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)