“等族”の読み方と例文
読み方割合
とうぞく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
中世の封建的な等族国家でも、民族意識が現実の力を持つ契機はなかったので、中世の神聖ローマ帝国や封建的身分社会が崩壊したあとで
政治学入門 (新字新仮名) / 矢部貞治(著)
中世の封建国家や等族国家を経て近代国家が成立し、更にその近代国家が、専制国家から立憲国家の段階を経て大衆的民主国家となり、さらに現代国家に発展した過程の中に
政治学入門 (新字新仮名) / 矢部貞治(著)
ブルジョアとプロレタリアの絶対的宿命的な闘争を説くマルクス=レーニン主義はその最も尖鋭なものだが、僧侶や貴族などの中世的等族の支配を主張するシュペングラーのごときも
政治学入門 (新字新仮名) / 矢部貞治(著)