“等賞”の読み方と例文
読み方割合
とうしょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おばあさんは、展覧会にきて、一等賞をとった大根つめて、これよりは八百屋店頭にあったのがきいといました。
公園の花と毒蛾 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「たしかに、この大根は、一等賞資格があります。けれど、がわからないから、賞品すわけにはいきません。」
公園の花と毒蛾 (新字新仮名) / 小川未明(著)
なんでも、一等賞は、たいしたほうびがもらえるらしいのであります。それをると、おばあさんはをまるくしました。
公園の花と毒蛾 (新字新仮名) / 小川未明(著)