“砥草”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
とくさ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“砥草”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
砥草とくさなどは北風にさらされる方の茎の色が茜色に焼け、さかんな水気を吸ひ上げ尖端さきを蕭條と枯らしてゐるなど冬の色である。
冬の庭 (新字旧仮名) / 室生犀星(著)
しかしつくばいとのつなぎのために砥草とくさのわきに棄石がなければならぬ。
庭をつくる人 (新字新仮名) / 室生犀星(著)