“無理矢理”の読み方と例文
読み方割合
むりやり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もぎとるようにしてお雪をつれて行くと、無理矢理有朋のそばへ坐らせて、お女将は、ここを先途愛嬌をふりまいた。
山県有朋の靴 (新字新仮名) / 佐々木味津三(著)
空は灰汁桶ぜたような色をして低く塔の上に垂れ懸っている。壁土をし込んだように見ゆるテームスの流れは波も立てず音もせず無理矢理に動いているかと思わるる。
倫敦塔 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)