“無氣”の読み方と例文
新字:無気
読み方割合
なげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なしの事がらは如何なる問懸るに吉之助は面目無氣ふる樣此程父吉右衞門國元より來り我等二千七八百兩のしを大いにり終に勘當
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
あまりと言へば人も無氣な増長で、さすがに私も我慢がなり兼ね、運座の席を早くきり上げて、お染と松五郎の逢引の現場を取つて押へ、父親にも見せて、何が何んでも話をつけようと思ひました
銭形平次捕物控:260 女臼 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)
然樣に御座候と答ふるにらば御主人仁左衞門殿へ御目りたしせ入られ下さるべしと言入しかば仁左衞門何心なく立出るに以前の三吉なればが來りしと思へども詮方なく先一間へ連行其方は何故ね來りしやと申に三吉は面目無氣に私し事事なす事手違ひになりて誠に難澁仕つり今は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)