“波旬”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はじゅん75.0%
はじゆん25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“波旬”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]3.3%
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
この世の中に神であり仏であり正義の英雄であると信じていたものが一夜のうちに悪魔あくま波旬はじゅんとなった絶望の苦しみである。
ああ玉杯に花うけて (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
第六天の魔王波旬はじゅんは、三人の魔女なぞをつかわすよりも、六牙象王ろくげのぞうおう味噌漬みそづけだの、天竜八部てんりゅうはちぶ粕漬かすづけだの
俊寛 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
必定ひつぢやう悪魔波旬はじゆん仕業しわざ
南蛮寺門前 (新字旧仮名) / 木下杢太郎(著)