“沈:お” の例文
“沈:お”を含む作品の著者(上位)作品数
杉山萠円1
久米正雄1
夢野久作1
“沈:お”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
いつの間にか母が上つて来て、私の小さい肩に手を置いた。さうして強ひてち着けた声音こわねで、
父の死 (新字旧仮名) / 久米正雄(著)
と言葉せわしく尋ねました。娘はどこまでも真面目まじめいて返事を致しました——
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)