“時世時節”の読み方と例文
読み方割合
ときよじせつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ああさ。そりやさう云つたぢや。でもの、まあ考へて見ば。時世時節と云ふこともあるら。こりやどうにも仕かたのなえこんだの。……」
一塊の土 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
何も時世時節ならば是非もないというような川柳式のあきらめが、遺伝的に彼の精神を訓練さしていたからである。身過世過ぎならば洋服も着よう。
妾宅 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
それにしても考えてみれば、四谷左門の娘御が、楊枝店の雇女になるなんどは、これも時世時節めるか。
南北の東海道四谷怪談 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)