“早乘”の読み方と例文
読み方割合
はやのり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
頼んで片付んと思案の其折から入來る兩人は別人ならず日頃入魂の後家のお定に彼の早乘の三次成れば長庵忽地
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
吉原の中反圃にて殺害に及びし小手塚の三次舊名早乘小僧の三次其頃火附盜賊改め石原清右衞門殿へ召捕に成りしに舊惡追々露顯しとても助からずと覺悟を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
考へ出し妹娘のお富も幸ひ十二ひし容貌なればして是をも金にせんと己れが惡事仲間の早乘の三次と云ふ者を語合又近所の後家にて惡婆のお定と云ふ女をも手なづけ置きて母の御安にはお富を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)