“旋条銃”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ライフル60.0%
せんじょうじゅう40.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“旋条銃”を含む作品のジャンル比率
文学 > 文学 > 叢書 全集 選集4.8%
文学 > 英米文学 > 小説 物語1.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「われらは鹿を狩りいだしぬ。かくと知らば旋条銃ライフルを持ち来たるべかりしに……」と、われは言いぬ。
そこにはタッタ今奪い取ったばかりの旋条銃ライフルを構えた、全裸体まるはだかの女が
キチガイ地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
窓は矢間やざまの用をなし、ここには二個の大砲と、八個の旋条銃せんじょうじゅうが用意されているほかに、なお多くの武器がある。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
一同には旋条銃せんじょうじゅう連発銃れんぱつじゅう腰刀こしがたながわたされ、各自は分担ぶんたんされた守備位置についた。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)